開始時期

妊活でしておくと良い検査

子どもを作ろうと考える前に、お互いの身体が子供を作ることが出来る身体なのか、調べておくことは大切なことです。
そのために必要最低限受けておきたい検査についてご説明いたします。

まずは、ホルモン検査です。
これは採血を、高温期と低温期にして正常にホルモンが分泌されているかを確認します。
採血するだけですし一番手頃ですので、早めに受けておくといいでしょう。

次に、精液検査です。
これは男性の精子がどんな状態であるかを検査します。
採血の方法はマスターベーションをして出たものを検査しますが、その時の体調などによって精子の調子も変化してしまいますので、きちんとした結果を出すことが難しいものでもあります。
調子がいい時に採取するといいでしょう。

重要な検査と言えば、子宮卵管造影検査と言われるものです。
これは子宮や卵管が正常であるかどうかを検査するものです。
しかしこの検査は膣に細い管を挿入して検査をするので、人によっては痛みが生じてしまう可能性があります。
痛みが怖いという方でも大丈夫なように、痛み止めを処方してから検査をしてくれるところもありますので、そういった病院を調べましょう。

また、自分出来るものですが、排卵日を検査しておくといいでしょう。
基礎体温を測ってする方法や排卵日検査薬などがありますので、お手軽にできます。