開始時期

妊活を始めたらお酒は控える?

妊娠をするとお酒を飲んではいけないというのは広く知られていると思います。
では、妊活しているときにはどうなのでしょうか。

基本的に飲酒自体が身体に害を及ぼすことだと思っている方が多いかもしれませんが、実はそうではありません。
お酒は適量であれば、身体の体温を上げてくれますし、血液の循環も良くしてくれますから、本来ならば身体には良いとされるものなのです。
飲みすぎることによって害になりますので、毎日コップ一杯程度の量に抑えていれば、妊活中であっても問題にはなりません。

過剰摂取することによって、どういった影響が起きるのかをご説明します。
適度ならばストレス緩和にもなると言われていますが、飲みすぎると葉酸の吸収率を下げてしま酢と言われています。
葉酸は妊活で必ずと言っていいほど摂取した方が良いと言われているものですから、吸収率が悪くなると母体や、子どもが出来た際に成長を妨げてしまう可能性が出てきます。

また、アルコールによってホルモンバランスが崩れてしまい、妊娠率が下がってしまうとも言われています。
これではどんなに妊活を頑張っていても、子どもは授かれませんよね。
しかし、飲む事が日常となっている人は、いきなり断つということは難しいでしょう。
少しずつ、減らしてストレスのないようにしていくことが大切です。